Menu

人気のある中央区貸事務所の特徴

千代田区や港区と並んで、中央区は貸事務所の需要が高いエリアとなっています。日本の交通網の中心である東京駅があり、全国や海外の拠点となる羽田国際空港や成田空港へのアクセスも良いため、多くの企業の本社もしくは東京支店、営業所が数多く並んでいます。中央区貸事務所は防災上の観点から再開発が進んでおり、オフィスビルの建設が増加の傾向にあるため、今後もどんどん需要が高まる傾向にあります。その中でも銀座エリアは、イメージが良い場所であるため多くの企業が好んで出店するエリアでもあります。築地や八丁堀エリアは、中央区の中でも賃貸料が安くなっているエリアのため、コストパフォーマンスを重視する企業にとって最適なエリアとなっています。このように場所によって中央区貸事務所の特徴は変化しています。

貸事務所のメリットを紹介します

貸事務所は、賃貸オフィスよりも格安で事務所を構えることができるため、起業するにあたって人気の形態の一つとなっています。貸事務所によっては、机や椅子といったオフィスに最低限必要な什器が用意されており、コピーやFAXといった機器も必要な時に借りることができるため、初期費用が抑えられます。賃貸オフィスよりも格安となっていますが、個室利用することができるためプライバシーを保護でき、セキュリティー面も賃貸オフィスと同等の安心感を得ることができます。起業する時に会社のブランドイメージはとても大切となるため、中央区貸事務所を利用する方が増えています。しかし中央区貸事務所は賃貸料が高いのが難点です。コストを抑えたい方は、築地など比較的安く借りられる場所にしてみるのもおすすめです。

敷金礼金が発生しない貸事務所を選ぶのも重要

中央区貸事務所を借りる時には、賃貸料が発生します。また事務所によっては、サービス料や手数料が発生する場所もあります。貸事務所はさまざまな設備が整っているのが特徴ですが、利用できる設備は事務所によって異なります。賃貸料が安いところは、必要なサービスや機器の利用時にその都度利用料が発生する場所もあるため、結果的に高くなってしまうケースもあります。検討している事務所が、賃貸料の範囲内で利用できるサービスや設備がどの程度揃っているのかを事前に念入りに調べることが大切です。月々の賃貸料は高いけれど、結果的に安くなったというケースも勿論あるからです。中央区貸事務所は全国的に見ても賃貸料が高い傾向にあります。しかしその中でもコスパ良く借りたいと考えている方は、敷金や礼金が発生しない事務所がおすすめです。