太陽光発電☆お役立ちガイド

TOP > 太陽光発電の情報 > 地球温暖化対策で日本に向いているのは太陽光発電システムです

地球温暖化対策で日本に向いているのは太陽光発電システムです

 私たちにとって太陽ほど大切なものはありません。
もしも太陽がなかったらこの世に生物は存在しないのです。
植物が葉緑素を使って光合成という素晴らしい働きをします。
太陽光線が木の葉っぱに当たると内部の葉緑体で光合成がなされます。
光合成では空気中の二酸化炭素を吸収し酸素を空気中に放出してくれます。
そして植物はそれでデンプンという栄養素を手に入れることができるのです。
それを食べて生きていかれるのが草食動物です。
食物連鎖では草食動物の上に肉食動物が存在します。
そしてそれらの食物連鎖の頂点に存在するのが人類です。
よく考えてみればこれはとても恐ろしいことです。
神様がそのように生命の仕組みをつくられたのですから、この仕組みは受け入れるしかないのでしょう。
もしも太陽がこの世に存在しなかったら、私たちもこの世に存在しないということになります。

 地球温暖化は喫緊に解決すべき課題として世界中で注目を浴びています。
何度も世界各地で地球温暖化防止対策の会議が開催されました。
そしてそこで決められたことは、これ以上化石燃料を燃焼させないということです。
そしてできるだけ二酸化炭素の排出を抑える政策をとるということです。
そのために何と罰則まで規定されている程です。
それほど厳しくしないと大気中の二酸化炭素は減らすことができないという厳しい現状があります。
今それでにわかに注目されてきているのが再生可能エネルギーの利用です。
中でも風力と太陽光が一躍注目されてきています。
風力と太陽光は地球が存在する限り無限に享受できる素晴らしいエネルギーです。
この無限のエネルギーを利用しない手はありません。
風力発電と太陽光発電がにわかに脚光を浴びています。
日本でも太陽光発電の時代に突入しました。

 日本でもようやく地球温暖化対策の重要性について考え始めたところです。
政府主導で太陽光発電システムを導入することに決めたからです。
日本は季節風が年間を通じて変化しますので、どちらかといえば風力発電には向いていません。
また赤道直下でありませんから赤道直下の国々ほど強い日照量はありません。
ですが今の日本の現状を考えてみるときに一番向いている発電システムが太陽光発電です。
政府主導で太陽光発電システムの拡大を狙っていますが、それには二つのタイプがあります。
一つは一般住宅の屋根を利用してソーラーシステムを拡充するという手段です。
これには政府が補助金を出すなどの方策を実施しています。
もう一つの方策が現在使われていない広大な農作地や畑を利用して、そこに太陽光発電の大きな施設を建設してしまうという方法です。

ページトップへ