太陽光発電☆お役立ちガイド

TOP > 太陽光発電の情報 > 太陽光発電では発電効率の良いソーラーパネルを選ぶことが大切です

太陽光発電では発電効率の良いソーラーパネルを選ぶことが大切です

 地球温暖化防止対策の切り札として大規模な植林などが世界的に計画されています。
それは一体なぜなのでしょうか。
このまま地球温暖化が進めば、北極や南極などの氷が全部溶けてしまって地球上の海面の高さが上昇してしまうからです。
そうなると高さの低い島などは海面下に隠れてしまうということになります。
先進国でもその問題は同じです。
例えばアメリカでもそれは全く同じです。
世界中から多くの観光客が訪れることで有名なハワイのワイキキビーチですがあと5年もすれば、ワイキキビーチが姿を消してしまうということです。
これも地球温暖化による海面の上昇によるものです。
地球温暖化を防止する切り札は化石燃料から排出される二酸化炭素を抑制するしか道がありません。
そのためには世界中が協力して二酸化炭素の排出ガス規制をすべきところです。

 地球温暖化の切り札として注目されているのが大規模な植林ですが、その他にも注目されているものがあります。
それが風力発電や太陽光発電です。
風力や太陽光は言わば無尽蔵に使える再生可能エネルギーであるということができます。
私たちが電気を得るために化石燃料を燃やして発電するのではなくて、風力や太陽光を使えば二酸化炭素を全く発生することなしに大量の電気を手にすることができます。
そうなれば人類は一挙両得ではないでしょうか。
なぜならば大気中の二酸化炭素を減少させることで地球温暖化の防止に役立てることができますし、それと同時に無限の電気エネルギーを手にすることができるからです。
これは人類が長い間夢見てきた、無限のエネルギーを手にするということではないでしょうか。
太陽光発電ではソーラーパネル選びが一つの重要なポイントとなります。

 太陽光発電に使われるソーラーパネルには様々な種類があります。
発売されているメーカーによってソーラーパネルの品質が違います。
ソーラーパネルを購入する際に一番大切なポイントはソーラーパネルの発電効率です。
ソーラーパネルに太陽光線が当たるとソーラーパネルの内部で電子の移動があります 。
それで電気が発生するのですが、その電子の量がメーカーによって違うのです。
ですから私たちがソーラーパネルを購入する時にはできるだけ発電効率の良いソーラーパネルを選ぶべきです。
当たり前ですが発電効率が高いソーラーパネルの方が価格が割高となっています。
そこで私たちにとって大切なことは、費用対効果という面で考えるということです。
それは実際にソーラーパネル設置にかかった費用に対してどれくらいの電気を得られるかにかかっています。

次の記事へ

ページトップへ