太陽光発電☆お役立ちガイド

TOP > 太陽光発電の情報 > 太陽光発電システムを利用する方が私達の幸せにつながる

太陽光発電システムを利用する方が私達の幸せにつながる

 最近どこにお出かけしてもすぐに目に飛び込んでくるのが住宅の屋根の上に設置されているソーラーパネルです。
太陽の光を反射して光っているのと、全体が黒く見えるのですぐにそれがソーラーパネルであるということが判別できます。
10年前はどうでしょうか。
10年前はソーラーパネルを見かけることはありませんでした。
今ではどうでしょうか。
今では街を散歩するだけでも多くの屋根にソーラーパネルを発見することができます。
どうしてこれだけ多くのソーラーパネルが民家の屋根に設置されているのでしょうか。
それには大きな理由が隠されていました。
日本政府がソーラー発電の後押しをしているからです。
新たに住宅の屋根にソーラーパネルを設置する人たちでは、なんと補助金が受けられる仕組みです。
それだけではありません。
余剰電力は電力会社に販売できるのです。

 これは一般住宅で暮らす我々市民にとっても絶好のビジネスチャンスではないでしょうか。
主婦などがパートでアルバイトに出かけますが、このソーラーシステムを導入すれば、もはや主婦がアルバイトに出かけなくても、同じくらいの収入が太陽光発電システムの余剰電力販売で得られるということになります。
もちろんそれは屋根に設置するソーラーパネルの数に依存します。
それから屋根に設置するソーラーパネルの品質にも左右されます。
ソーラーパネルの品質はメーカーによって一律ではありません。
電力変換効率の高いソーラーパネルもありますし、そうでない普通のソーラーパネルもたくさんあります。
日本のソーラーパネルの質の高さは世界でも有名です。
お値段は若干世界標準に比べて高いのですが、電力変換効率が高いので結局お得な買い物ということになります。

 なぜこれほど太陽光発電システムが巷に溢れてきているのでしょうか。
それには理由がありました。
太陽光発電が再生可能エネルギーである太陽光線を使う発電方式であるからです。
太陽光発電では二酸化炭素を全く排出しません。
原子力発電所も二酸化炭素は全く排出しませんが、一旦発電施設が壊れてしまうともうそれで大変です。
放射能が漏れだして地域の土壌が汚染して、そこに人が住めなくなってしまいます。
その点太陽光発電は違います。
たとえ大きな地震に遭遇しても、あるいは大きな津波に襲われたとしても、それで放射能を撒き散らすということが全くありません。
長い目で見れば、原子力発電所に依存するよりも太陽光発電システムを利用する方が私達の幸せにつながるのではないでしょうか。
これは日本のみならず世界中の国々に対しても、全く同じことが言えます。
これからは 太陽光発電の時代です。

次の記事へ

ページトップへ