太陽光発電☆お役立ちガイド

TOP > 太陽光発電の情報 > 太陽光発電システムを導入し地球温暖化を防止する

太陽光発電システムを導入し地球温暖化を防止する

 近年大規模団地や住宅地を中心として太陽光発電システムを導入するご家庭が続々と誕生してきています 。
なぜなのでしょうか。
それにはいくつかの理由が隠されていました。
一つ目の理由としては太陽光発電システムが二酸化炭素を全く発生しないクリーンなエネルギーであるからです。
世界に目を向けてみれば、北極や南極の氷が溶け出して世界の海面が上昇するという地球温暖化は深刻な問題となっています。
地球温暖化を防止する切り札は二酸化炭素を発生する化石燃料による発電をやめることです。
化石燃料による発電をやめることで二酸化炭素の排出量を大幅に削減できるのです。
このような世界情勢ですから。
日本の大規模な団地や住宅地でも地球温暖化の大切さに目を向けるようになりました。
そんなわけでこれらの団地や住宅地は太陽光発電システムを導入し始めているのでしょう。

 太陽光発電ではソーラーパネルを屋根の上に敷き詰めます。
団地や住宅の屋根の上にソーラーパネルを敷き並べるのですが、ソーラーパネルの表面の角度がとても大切だということです。
太陽が南中した時にソーラーパネルの表面に光が直角に当たるようにするのが最大発電量を得るための秘訣です。
そのために最初にソーラーパネルを屋根の上に設置する時には、長い時間がかかります。
それは太陽との位置を計測するからに他なりません。
同じソーラーパネルを設置するにしても北海道と沖縄とではソーラーパネルの表面の角度が微妙に違うということです。
ですからこの作業は素人では無理です。
ソーラーパネルを組み立ててことのプロにお任せするのが一番正しい方法です。
もう一つ太陽光発電で大切なポイントがあります。
それは気温によって発電量が変動するということです。

 夏場は気温が高いのでそれだけ発電量が多くなるということになります。
ところが冬場は気温が低いので同じ日照量を受けても発電量は若干少なくなるということになります。
この点についてはそれを知らない人が多いのですが、太陽光発電システムを導入するときに注意をすべき点です。
夏の強い日差しは太陽光発電に最も向いているし、冬の弱い日差しは太陽光発電にはあまり向いてないということが言えます。
いずれにしても団地や住宅地で太陽光発電システムを導入することを決断したとすれば、それは専門の業者に任せるのが一番確かな方法です。
素人がいくら頑張ってもプロの専門業者にはかないません。
確実な太陽光発電システムを実現してくれるような業者を選ぶのはとても難しいことです。
ここはインターネットの比較サイトなどが大いに参考になります。
比較サイトで太陽光発電設置業者を選び出しましょう。
それで地球温暖化の防止に貢献することもできます。

次の記事へ

ページトップへ