太陽光発電☆お役立ちガイド

TOP > 太陽光発電の情報 > 日本も太陽光発電システムの導入でクリーンエネルギーの時代です

日本も太陽光発電システムの導入でクリーンエネルギーの時代です

 今を遡ること200年くらい前でしょうか産業革命というのがありました。
産業革命を境として私たち人類は化石燃料を使って発電をするという技術を獲得しました。
それ以来私たち人類の電力は主に火力発電を基として電気が生み出されています。
火力発電は短期間で膨大な電力を得ることができるのでとても重宝ですが、ひとつだけ大きな問題があります。
それは化石燃料を燃やして発電するシステムであるからです。
当然二酸化炭素を大量に空気中に撒き散らすということになります。
毎年少しずつ増加する二酸化炭素の量は地球温暖化という悪影響を及ぼし始めてきています。
地球温暖化を防止するためには二酸化炭素の排出量を規制するしかないのです。
こうした背景から人々は太陽光発電に目を向けるようになりました。
これからはますます太陽光発電は人々から注目されてくるのではないでしょうか。

 このまま人類が石炭や石油を燃やし続ければ、地球温暖化はますます増幅されていきます。
すでに南極や北極の氷が溶け始めて、世界各地で海面上昇が問題となってきています。
こんな時代ですから注目されているのが再生可能エネルギーです。
再生可能エネルギーで注目されているのが風力です。
それから太陽光も注目されています。
この他地球の内部には高温のマグマが存在しますので地球の内部の地熱も再生可能エネルギーのひとつです。
私たちが一番利用しやすい再生エネルギーが風力と太陽光です。
中でも太陽光発電が最も注目されています。
それは太陽光エネルギーが無尽蔵であるからです。
太陽光発電システムを導入するということは、すなわち無尽蔵のエネルギーを手にするということになります。
そしてそのエネルギーは完全にクリーンなエネルギーであるということです。

 太陽光発電は二酸化炭素を全く発生しないクリーンな発電システムですから一躍注目を浴びているのでしょう。
世界各国の都市や地方でも太陽光発電システムを導入するところが増えてきています。
日本はどうでしょうか。
日本は太陽光発電では比較的後発です。
ですが日本だけの強みもあります。
それは日本が製造するソーラーパネルは世界一品質が良いと言うことです。
日本のメーカーが作るソーラーパネルの発電量は世界のトップレベルですから、世界各国から注目されています。
日本はようやく太陽光発電システムの大切さに気がついたところです。
これから大規模団地や住宅地を中心として、自分たちの家の電気は自分たちで賄うと言うシステムが確立されてくるのではないでしょうか。
太陽光発電の今後の動向から目が離せません。

次の記事へ

ページトップへ