太陽光発電☆お役立ちガイド

TOP > 太陽光発電の情報 > 日本政府が後押しをする安心の太陽光発電システム

日本政府が後押しをする安心の太陽光発電システム

 近年日本でもにわかに注目されてきているのが太陽光発電です。
それは一体どういう理由によるものなのでしょうか。
一つには太陽光発電がクリーンなエネルギーであるという点があります。
化石燃料をこれでもかというくらい燃やしてしまう火力発電では空気中に大量の二酸化炭素を排出します。
そのため年々地球の温度が上昇するという地球温暖化現象を引き起こしているのです。
こんな恐ろしい現象を抑えるためには、世界中で二酸化炭素の排出ガス規制をすべきでしょう。
実際世界各国は力を合わせて地球温暖化防止対策に乗り出してきています。
日本は地球温暖化防止対策でも世界のトップレベルです。
アメリカの大統領が変わってからその方針が若干変わっていますので、それが不安材料として残りますが、世界の各国では概ね日本の主張が受け入れられています。

 今後地球温暖化防止対策として一番注目されているのが太陽光発電システムです。
太陽光発電システムは再生可能エネルギーである太陽光線を利用した全く新しいタイプの発電方式です。
まず発電する時に音が全く出ません。
広大な太陽光発電所は静寂そのものです。
ソーラーパネルの表面のホコリなどは一雨降れば洗い流されますので清掃する必要がありません。
それも大きな一つのメリットです。
ですが定期的に雑草の除去などをしなければなりません。
そうしなければ雑草が繁茂して、ソーラーパネルに当たる太陽光線を遮断してしまうからです。
その程度の維持管理だけで太陽光を使った無限のエネルギーを得ることができます。
何より嬉しいのがそのエネルギーは完全にクリーンなエネルギーであるということです。
原発のように放射能で地域を汚染する心配も全くありません。

 団地や住宅の屋根を利用したソーラー発電が大流行しています。
屋根いっぱいにソーラーパネルを敷き詰めると発電システムの出来上がりです。
それだけで一戸の住宅が使う電力は完全に賄えるのです。
ソーラー発電において発電量はどのようにして確認できるのでしょうか。
それはソーラー発電システム内の電力モニターという計測器により毎日の発電量の計測ができます。
自宅で使っている電力が発電量に対してどうなのかなどを検討することができます。
さらに嬉しいのは、余剰電力を電力会社によって買い取ってもらえるということです。
余剰電力の買取制度を発案したのは日本政府です。
いわば日本政府が後押しをする発電システムが太陽光発電システムということになります。
ざっくりとした話ですが、今後5年間くらいは安定して余剰電力を買い取ってもらえるということです。

次の記事へ

ページトップへ