太陽光発電☆お役立ちガイド

TOP > 太陽光発電の情報 > 日本製の太陽光発電ソーラーパネルは発電効率が世界一です

日本製の太陽光発電ソーラーパネルは発電効率が世界一です

 これはわずか数ヶ月前の話ですが、大変ショッキングなニュースが話題となりました。
それは地球温暖化に関するニュースでした。
このまま地球温暖化が進めば、5年後にはハワイにあるオアフ島のワイキキビーチが姿を完全に消してしまうということです。
それは一体どうした理由によるものなのでしょうか。
地球温暖化による海面の上昇でワイキキビーチが全部姿を消してしまうというではありませんか。
ワイキキビーチは世界中から裕福なお金持ち達が集まるところで有名です。
こんな状況では人間たちは安心してこの地球上で生活することができなくなってしまいます。
そうなってしまう前に人類は立ち上がる決心をしたようです。
世界の国々が一致協力して地球温暖化防止対策を打ち出すことにしました。
二酸化炭素排出ガス規制を強化することにしたのです。

 アメリカを中心として大規模な植林が新しく計画されています。
植林も大気中の二酸化炭素を軽減する手段として有効ですがひとつだけ欠点があります。
それは樹木が成長するのに20年以上も時間がかかってしまうということです。
それよりも素早く二酸化炭素の量を軽減する方策が見つかりました。
それが再生可能エネルギーを利用するという手段です。
再生可能エネルギーの主力が風力と太陽光です。
すでに風力発電は実用段階にありますし、それに続いているのが太陽光発電です。
風力発電は一定方向から強い風を常に受けているような場所で非常に有効な手段となります。
一方太陽光発電は一年中を通して日中の日差しが強いようなところが理想的な場所です。
なぜならば太陽光発電ではソーラーパネルを使って電気を発生しますが、その発電量はひとえに太陽光の量に依存するからです。

 太陽光発電を導入する場合に難しいのがソーラーパネルの大きさと種類を選ぶことです。
日本はもとより世界中でソーラーパネルが発売されています。
お値段の安さから見ればお隣の中国や韓国のものが優れています。
ですが発電効率のなどの性能の面から見れば日本製がダントツで優れています。
世界中の太陽光発電システムで日本製のソーラーパネルが使用されています。
それは一体どうした理由によるものなのでしょうか。
日本製のソーラーパネルの発電効率が優れていることに他なりません。
それから案外難しいのがソーラーパネルのサイズです。
一枚のソーラーパネルはそのサイズが小さいものから大きいものまで様々です。
サイズの大きなものは、設置にかかる手間を最小限にしてくれるというメリットがありますが、それだけソーラーパネル一枚の重さが重くなるということになります。

次の記事へ

ページトップへ